トップ news 学科紹介▼ 受験生の皆様へ▼ 地域・企業の方へ 大学院 機械・電気電子の話 教職員 交通 リンク 学科内向け English

機械・電気電子工学科


トピックスとニュース

過去のトピックスとニュース
2020.7.2 学生

清水翔太
第76回日本放射線技術学会総会学術大会において自然科学研究科 機械・電気電子工学コースの清水翔太さんがSilverAward及びExcellent Student Awardを同時受賞しました
5月23日~6月14日にWEB開催された、放射線技術に関する日本最大の学会である第76回日本放射線技術学会総会学術大会において、自然科学研究科機械電気電子工学コース2年の清水翔太さん(指導教員:荒川弘之准教授)が、Silver Award及びExcellent Student Awardを同時受賞し、表彰状と記念品が贈られました。
 Silver Awardは、上記学会において約380演題の中から優秀な演題に対して贈られるものです。また、Excellent Student Awardは、学生発表の中で、優れた演題に対して贈られるものです。


2020.3.16 学生

大川美優
 総合理工学部機械・電気電子工学科4年の大川美優さん(伊藤文彦研究室)が、令和元年11月に開催された 電子情報通信学会光ファイバ応用技術研究会において、「べき乗間隔で配列されたパルスにより生成されるコム状ブリルアンスペクトル」についての研究発表を行い、その発表に対して「学生奨励賞」が授与されました。
 大川さんの研究は、光ファイバの中で生じるブリルアン散乱という物理現象を活用することにより、光ファイバ自体をセンサとして、構造物に加わるひずみや温度変化を遠隔で計測する技術に関するもので、老朽化しつつあるインフラのモニタリングへの適用が期待されます。
  光ファイバ応用技術研究会は年に6回全国各地で開催され、光通信分野の研究開発に取り組む主要な企業、大学が参加します。大川さんの発表は、年間を通しての学生の発表の中で最も優秀と認められました。

2020.2.12 教員 令和2年2月12日(水)18時10分~19時00分 NHK総合,『しまねっとNEWS610』の番組内にて本学科の伊藤史人助教が出演します.
内容は『視線入力アプリ「EyeMoT(アイモット)」の活用』です.
NHK番組アドレス:https://www4.nhk.or.jp/P2942/

2020.1.27 教員 令和2年1月27日(月)22時00分~22時55分 NHKラジオ第一「NHKジャーナル」の番組内にて本学科の伊藤史人助教が出演します.
内容は「視線入力ゲーム開発で重度障害者を支援」です.

NHK番組アドレス:https://www4.nhk.or.jp/nhkjournal/

2019.11.25 教員

総合理工学部機械・電気電子工学科の新城淳史准教授が日本燃焼学会の2019年度論文賞を受賞しました

対象論文はJ. Shinjo, A. Umemura, "Fluid dynamic and autoignition characteristics of early fuel sprays using hybrid atomization LES," Combustion and Flame 203 (2019) 313-333です。本論文では、著者らにより提案されたチューニングフリーの乱流微粒化モデルによって液体燃料の微粒化・蒸発・着火過程のLES(Large Eddy Simulation)を可能にし、燃料噴霧の着火時の熱発生が噴霧の形成機構に及ぼす影響を明らかにしたものです。これまで、モデルの不完全性からこのようなシミュレーションを精度良く行うことはできませんでしたが、本研究により世界で初めて高精度に行うことが可能になりました。この結果は、自動車、航空機等の内燃機関のエンジン環境性能の向上に多大なインパクトを与え、地球規模の環境問題の解決に寄与するものと期待されます。
島根大学Webサイトのページはこちら

2019.5.20 学生

田中奨太郎
2019年9月9日に秋田大学にて開催された日本機械学会2019年度年次大会において, 自然科学研究科博士前期課程理工学専攻機械・電気電子工学コース1年の田中奨太郎さん(指導教員:李樹庭准教授)が 日本機械学会機素潤滑設計部門の第25回卒業研究コンテストにおいて, 「トロコイド減速機における伝達誤差の理論解析」の研究論文を発表し,「優秀賞」を受賞しました. 授賞式は当日の午後に秋田大学にて行われました.
この研究はトロコイド減速機の伝達誤差とバックラッシーの関係の難題を理論上で解決し, 本研究成果は産業ロボットの高性能化や次世代産業ロボット開発への応用が期待されます.

2019.7.23 学生

大坂祐樹
7月7日~11日に福岡国際会議場で開催された光通信・光エレクトロニクス分野の国際会議 24th OptoElectronics and Communications Conference 2019  において,自然科学研究科機械・電気電子工学コース1年の大坂祐樹さん(指導教員:伊藤文彦教授)が, Best Student Paper Award を受賞しました. 本賞は,上記国際会議における学生の発表の中で,7つのカテゴリーごとに最も優れた論文に対して贈られるものです.

2019.5.20 学生
教員

岡田和樹
日本塗装技術協会誌『塗装工学』2018年1月号に掲載された横田正幸教授と博士前期課程2年岡田和樹さんによる論文 「低コヒーレンスディジタルホログラフィを用いた多層塗中の光輝材分布ならびに塗装外観の評価」が 日本塗装技術協会論文賞を受賞し,2019年5月17日に日本塗装技術協会通常総会(於:東京大学生産技術研究所)において,表彰式と受賞記念講演が行われました.
この賞は塗装工学誌に掲載された優れた論文に対して贈られる賞で,多層塗膜に関する新しい解析法に関する優れた業績が評価されて今回の受賞となりました.

2019.1.30 学生

西川航平
2018年12月1日に県立広島大学で開催された第27回計測自動制御学会中国支部学術講演会において,機械・電気電子工学コース2年の西川航平さんが, 「6自由度パラレルリンク型アクティブ吸振器付き搬送台車による液体タンクの制振制御(規範モデル追従制御と周波数依存型最適サーボの併用による凹凸路面走行)」という題目で口頭発表を行い,「優秀賞」を受賞しました.

2019.1.30 学生

矢島 貴史
2018年12月1日に県立広島大学で開催された第27回計測自動制御学会中国支部学術講演会において,機械・電気電子工学コース1年の矢島貴史さんが, 「6自由度パラレルリンク型アクティブ吸振器付き搬送台車による液体タンクの制振制御(外乱抑制制御を用いた凹凸路面走行)」という題目で口頭発表を行い,「奨励賞」を受賞しました.

2018.12.20 教員 増田浩次教授・北村心助教
2018年12月12日の山陰中央新報に,増田教授らの研究成果が掲載されました. この成果は,光ファイバー回線に用いられる光信号の減少する割合を,これまでよりも約100倍精密に計測する技術を開発したものです. 光増幅帰還回路という新原理に基づく光回路を,光検出素子の前段に配置することにより,上記の画期的な性能を実現しています. 本研究成果は,光通信や光計測などのフォトニクス分野において,幅広い応用が可能な基礎的技術であり,すでに特許を出願済みです. 他大学との共同研究も推進しており,さらなる発展が期待されます.


2018.11.21 学生

砂川 純也
2018年10月11日~12日に東北大学で開催された電子情報通信学会光ファイバ応用技術研究会において,機械・電気電子工学コース1年生の砂川純也さんが,発表題目「振幅平均線形サンプリング法を用いた強度変調器の高ダイナミックレンジ測定」についてポスター発表を行い,学生ポスター賞(優秀賞)を受賞しました. この研究は,研究室で開発中の超高速光波形測定技術を用いて変調器の性能を調べるものです.

2018.10.1 学生

橋本太郎
2018年9月13日に松江市くにびきメッセで開催された産業応用工学会全国大会2018において, 機械・電気電子工学科,4回生の橋本太郎君が発表題目「ディジタルホログラフィによる塗膜透過光の偏光解析」として口頭発表を行い、学生賞を受賞しました. この研究はUV硬化型接着剤の透過光の偏光状態を調べるものです.
2018.10.1 学生 土屋翔平
総合理工学研究科機械・電気電子工学コースの熱流体工学研究室の博士課程前期2年生, 土屋翔平君が2018年9月29日に日本機械学会西日本エンジンシステム研究会夏季セミナーでベストプレゼンテーション賞(3位)の表彰を受けました. 講演題目は「キャビテーションによって生じる液体の速度変動及びそれが噴霧微粒化に与える影響の解析」です.
2018.8.8 学生 櫻井千寛,盛﨑光基
2018年3月3日,4日に開催された第7回サイエンス・インカレにおいて, 「鏡の池の縁占いを科学する~松江の恋愛スポット~」というタイトルで発表を行い奨励表彰を受けました. 詳細は島根大学内のページをご覧ください.
2018.8.8 学生 岡田 和樹
2018年1月24~26日に京都市勧業館みやこめっせで開催された第38回レーザー学会学術講演会において, 発表題目「低コヒーレンスディジタルホログラフィによるメタリック塗料評価法の開発」で口頭発表を行い,優秀論文発表賞を受賞しました.
島根大学内のページもご覧ください.

2018.4.3 学生

平小瀬 智哉
2018年3月6日に徳島大学で開催された日本機械学会中国四国学生会第48回学生員卒業研究発表講演会にて 「一対の歯車の振動解析の理論方法に関する研究」という題目で口頭発表を行い, 日本機械学会中国四国支部「機素潤滑設計部門」の「優秀発表賞」を受賞しました.
この研究は,歯車を使用する様々な機械システムの低振動・低騒音設計への応用が期待されます.

2017.11.25 学生 齋藤 圭介
2017年11月25日,26日に鳥取大学工学部で開催された第26回計測自動制御学会中国支部学術講演会において,「メカナムホイールを用いた全方向移動ロボットによる球面振子の制振搬送制御(ノッチ フィルタと最適サーボの併用による遠隔操縦)」という題目で口頭発表を行い,「奨励賞」を受賞しました.

2017.11.25 学生 木下 大
第26回計測自動制御学会中国支部学術講演会で発表(題目「ビーム角とボール速度の制限を考慮したボールビーム系の安定化制御」) を行い,優秀賞(特に優れた発表者)を受賞しました.

2017.12.27 教員 国土交通省「“通れたマップ”実証実験」の協力主体に総合理工学研究科の伊藤史人助教らのグループが選ばれました.
「“通れたマップ”実証実験」では,車いす利用者の移動履歴をアプリを通して収集し,協力会社とともにデータ分析等を行います.その結果は,今後のバリアフリー施策に活用される見込みです.
詳細は島根大学内のページをご覧ください.



2017.11.10 教員 伊藤史人助教がNHK第44回日本賞,「クリエイティブ・フロンティアカテゴリー最優秀賞 (経済産業大臣賞)」を受賞しました
受賞タイトルは「EyeMoT(アイモット)成功体験をベースにした視線入力訓練ゲーム」です.
詳細は島根大学内のページをご覧ください.
また,日本賞のWebページはこちらです.


2017.10.30 教員 総合理工学研究科 新城淳史准教授が第49回流体力学講演会/第35回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウムにて 最優秀賞(航空宇宙数値シミュレーション技術部門)を受賞しました
タイトル
「実験によるパラメータチューニングを必要としない新しい乱流噴霧ハイブリッドLESコードの開発」
著者
新城 淳史(島根大学)・梅村 章(名古屋大学,名古屋産業科学研究所).
概要
自動車や航空機のエンジンなどのように噴霧燃焼を利用する場合,これまで噴霧シミュレーションを行う際には 実験結果に合わせて手作業でパラメータをすりあわせる後付けのチューニングが必要であり,本来の意味の予測になっていませんでした. 本研究では,長年の理論考察・実験・シミュレーションの積み重ねを行い,根本の噴霧の物理過程を解明することであらかじめ普遍的なモデルを設定できるようになりました.
詳細は島根大学内のページをご覧ください.

2017.06.07 教員 総合理工学研究科 影島博之教授が応用物理学会の2016年度APEX/JJAP編集貢献賞を受賞しました
詳細は島根大学内のページをご覧ください.


2017.06.01 学生 濵田大輝
2017年5月26~28日に大阪国際会議場で開催された第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会)(http://jscc58.umin.jp/)において 示説発表(演題「ラマン分光法を用いたヒト胸水中の腺癌細胞と良性細胞との鑑別について」)を行い,ポスター優秀演題賞を受賞しました.
本発表は,医学部器官病理学講座,附属病院病理部(丸山理留敬教授)と総合理工学研究科機械・電気電子領域(藤田恭久教授)の共同研究で行ったものです. 顕微鏡を用いた細胞診で判別が不可能であった検体を理工系の技術を用いて診断することを目指した研究です. 本学会では,理工系の学生の唯一の発表でしたが,ラマン分光を臨床応用に適用するという新しい試みが注目を集めました. 臨床医学系の学会で総合理工学研究科の学生の発表が評価されたことは本学の医理工農連携による学際的な教育研究の成果を示すものです.
詳細は島根大学内のページをご覧ください.
2016.10.26 教員 濱口雅史准教授と谷口隆雄名誉教授が2016年度計測自動制御学会論文賞を受賞しました.
賞を受けた研究は「6自由度パラレルリンク型アクティブ吸振器付き搬送台車による液体タンクの制振制御―水平な直線路走行の場合―」です.
詳細は島根大学内のページをご覧ください.


2016.09.07 教員 影島博之教授が日本結晶成長学会の第33回論文賞を受賞しました
賞を受けた研究は「電子反射率の量子的な振動を用いた二次元物質の層数決定」であり,関西学院大学 理工学部 日比野浩樹教授と共に受賞しました.
詳細は島根大学内のページをご覧ください.


2016.09.07 教員 伊藤史人助教が夢ナビで高校生に大学での学びの魅力について紹介しました
「学びたい学問を見つけ,学べる大学と出会う一日」というテーマの下,大学教員がそれぞれの学問分野の魅力を高校生に語りかける夢ナビに総合理工学部の伊藤史人助教が登壇しました.
詳細は島根大学内のページをご覧ください.


2016.06.22 教員 横田正幸教授の研究成果に基づく塗料などの乾燥硬化評価装置が製品化されました
この装置は,ディジタルホログラフィを用いて,塗料などの乾燥硬化過程を非接触かつ定量的に評価するものです.
詳細は島根大学内のページをご覧ください.


2015.12.14 学生 横田光弘,金子和弘
日本リハビリテーション工学協会主催の福祉機器コンテスト2015において,総合理工学研究科ヒューマンインタフェース研究室の 横田光弘さん(博士前期課程2年)と金子和弘さん(博士前期課程1年)が最優秀賞(学生部門)を受賞しました.
受賞作品のタイトルは「Eye Mot~ローコスト視線入力装置利用の視線入力訓練ソフトウェア~」. 当研究科の伊藤史人助教が重度障害者支援研究の一環として企画したものです.
島根大学内のページもご覧ください.

2016.5.27 学生 十亀伸享
2016年3月9日に愛媛大学工学部で開催された日本機械学会中国四国支部第54期総会・講演会において, 「ゴムブロックと正弦波路面との滑り接触」という演題で口頭発表を行い,「若手優秀講演フェロー賞」を受賞しました.
島根大学内のページもご覧ください.

2015.04.24 教員 伊藤史人助教の所属チームが「Googleインパクトチャレンジ」でグランプリを受賞しました
伊藤助教が所属するPADMチームでは「みんなでつくるバリアフリーマップ」を提案しました.スマートフォンのセンサー群や先進的なデバイスにより,自律的にバリアフリーデータを収集および共有する仕組みを構築するものです.
詳細は島根大学内のページをご覧ください.


2014.9.18 学生 曽根崎龍一
2014年9月8日に東京電機大学にて開催された日本機械学会2014年度年次大会において,機械・電気電子工学コース修士1年の曽根崎龍一君が日本機械学会機素潤滑設計部門の第20回卒業研究コンテストにおいて,「転がり軸受の接触解析及び剛性測定試験装置の設計に関する研究」の研究論文を発表し,「優秀賞」を受賞しました.授賞式は当日の午後6時に東京電機大学にて行われました.

2014.09.18 教員 横田正幸教授が日本塗装協会論文賞(塗装工学編集委員長賞)を受賞しました

2014年4月2日に日本塗装協会理事会に於いて,本学の横田正幸教授(機械・電気電子工学領域)のご論文「位相シフトディジタルホログラフィと重量法による塗料乾燥評価とクリア塗装に対する減少体積の計算による蒸発溶媒の推定」が「塗装工学編集委員長賞」にふさわしいという結論に達し,横田 正幸教授に「日本塗装協会論文賞」の授与が決まりました. 授賞式は5月30日に日本塗装協会第51回総会に於いて行われました.また授賞式の後,受賞者が20分程度の特別講演を行いました.


2014.3.24 学生 渡邊祐里子
学業優秀者の学長表彰を受賞しました.

2014.2.17 学生 渡邊祐里子
☆電子情報通信学会中国支部連合大会奨励賞
受賞題目:「衛星搭載二周波降水レーダによる降雨強度推定精度改善 のための雨滴粒径分布モデル化」
(2013年10月 電気・情報関連学会中国支部連合大会にて講演)

2014.1.28 学生 渡邊祐里子, 藤原亮
IEEE広島支部学生シンポジウム(HISS)功労賞受賞を受賞しました.

2014.2.17 学生 大西 健太
☆電子情報通信学会中国支部連合大会奨励賞
受賞題目:「遠隔励起L帯EDFAの全光型利得制御法における利得制御精度特性」
(2013年10月 電気・情報関連学会中国支部連合大会にて講演)

2013.09.26 国際
学生

平儀野雄斗
2013年9月9~13日に滋賀県長浜市で開催されたThe 16th International Conference on II-VI Compound and Related Materials(http://ic26-2013.org/index.php)において本研究科マテリアル創成工学専攻博士後期課程1年の平儀野雄斗さん(指導教員 機械・電気電子工学領域 藤田恭久教授)がポスター発表(演題"MOCVD Growth of High Quality ZnO Films on Al2O3 (110)")を行い,Best Student Presentation Awardを受賞しました.

2013.1.17 学生 山内 裕太
☆電子情報通信学会中国支部連合大会奨励賞
受賞題目:「2次励起C帯分布ラマン増幅における最適励起光波長特性」
(2012年10月 電気・情報関連学会中国支部連合大会にて講演)